デッドオアアライブ釣行記

福岡市の長浜にあるざうお天神店で働いています。 ざうおブログという企画の中で釣りブログを書いていましたが、 よりディープに書きたくて独立させました。 店舗でオフショアアングラー応援企画をやっており、日本でも数少ないあなたの釣った魚を料理する釣りブロガーです。 自身は2016年から博多湾エリアではおかっぱりとウェーディングでシーバスを。2017年からオフショアにも手を出し始め ライトジギングで五目、青物ジギング、ヒラマサキャスティング、エギングまで 散財と敗北を繰り返しています。 基本腕がないので釣果は安定しませんがあれこれ考えるのは好きです 宜しくお願いします

皆さんご存知ですか? 福岡にも地元に密着したもうひとつの「ワークマン」がある事を。 (仮)福岡ワークマン 福岡市南区に本社を置く東和ユニフォーム株式会社が運営。作業服、関連商品を扱う「ワークマン」を屋号として福岡で4店舗を展開する。 創業は1968年9月(ここ大事 ...

夏は朝マズメにイワシが接岸してシーバスデイゲームが熱い!なんていつのかわからんネットの情報を鵜呑みにして通う事2年。 ボラかイナッコしか接岸せんやんけ!しかもシーバスついてないやんけ!と自分の通う範囲ではそれは幻想だと気付かされました。こうして純粋無垢なア ...

シーバスを始めて2年目に突入した頃。 物凄く関心をもっている事がありました。 それは「バチ抜け」といわれる現象。 バチを捕食しているシーバスは釣りやすい、 日が暮れた後の満月の大潮が良い、 満潮潮止まりが良い、 上げが良い、下げが良い、 毎年抜けるポイントが変わ ...

博多湾では冬になると成人個体が産卵の為沖に抜けていき、産卵に関係ないセイゴだけが残る。 一方夏は水温の上昇で所謂避暑抜けする個体としない個体がいる。シーバスを始めた頃色々調べたり、釣り場で出会う上手そうなアングラーに聞いたりしながら自分がその時出した結論 ...

博多湾エリアで陸っぱりシーバスをはじめて3年になります。最初は仲間内何人かではじめ ルーキーイヤーは冗談抜きで仕事しながら年間340日釣行でした。はじめて釣ったシーバスはこれ。 誰もいない堤防で大声で歓喜の声を上げたあの日から3年。今だに続けているのは自分一人 ...

↑このページのトップヘ