IMG_20190818_191444
天使;やめとけって、月夜は烏賊の活性が下がってあんま獲れんって漁師のおじちゃんが言いよったやん。
悪魔;8月ももう終わるのに今行かんで来年までモヤモヤ過ごせんのけ?行け。
天使;夜焚きにこだわらんでも秋になればエギングもできるやん、アオリでいいやん。
悪魔;アオリとケンサキは違うんだよ。夜焚きもした事ないやつが烏賊を語るんじゃねーよ。
天使;でも何も月夜に行かなくても・・・
悪魔;関係ねーんだよ、行きたいなら行く。それだけなんだよ。

・・・・近年稀に見る激務の中現実逃避でこんな事を考えておりました。
漁り火も 月夜に照らされ 遺憾かな イカだけに。
こんなしょーもない一句ができる頃には遊漁船に電話を入れてしまっていました。
初の夜焚きです。18,19時くらいに出船して12時くらいに寄港するらしい、
近海での料金は11000円。デイの料金を考えると夜間なのかやっぱ少しお高めですね。
デイイカメタルを数回やった経験からいくと潮が走ってると20号80gの鉛スッテでは底がとりにくかった
ので一応25号100gまで揃えた。カラーは正直活性の高い群れに当たれば何でも良いという印象
そうでない時のカラー選択による釣果の差は他のアングラーを見て勉強しよう。
あとデイのボトム一辺倒と違って夜焚きでは烏賊のレンジがコロコロ変わるらしいので
カウンター付きのリールとかが良いらしいけど、そんなこじゃれたもんは持ってないので持ち込む
タックルは一応2つ
IMG_20190818_165548
スピニングタックル
ルビアス2510にPE0.8号、ロッドはデイのイカメタルでも使えたのでボートエギング用の強めの安いやつ。
ベイトタックル
10カルカッタコンクエストにPE1号、ロッドはタイラバ用のやつ
IMG_20190818_172553
ほんで出船です。
IMG_20190818_191444
おぉー夕マズメに沖に向かってるて新鮮。IMG_20190818_191324
まだ日が沈み切ってないので、ボトムをネチネチ攻めるけど誰も当たらず。オーケーオーケー今からよ
IMG_20190818_192325
集魚灯が入る。
いいねー、ケンサキくんばっちこーい。IMG_20190818_213946
ところが沈黙が続くこと1時間、2時間。。
あれ?やっぱり激渋なの?
しかも集魚灯に寄せられたサバ子、カナトフグ、トビウオ、エソ。こいつらがスッテにちょっかいをかけてくるので、イカの当たりが全然わからん。
挙句の果てにはラインまでつっつきはじめてリーダー1回、PE本線1回切られる。
当然スッテもロスト。
マジかよ・・・イカでラインブレイクとか想定してないし、スッテのロストも想定してないし、
夜焚きってけっこうこの雑魚共との戦いやん。
IMG_20190818_232423
この明暗の向こうではこいつらを捕食しに中小型の青物がバンバン水飛沫を上げてます。
ハンマーヘッドも3回くらい明るい側に出てきましたが誰も驚いてなかったので日常なんでしょう。
肝心のケンサキくんはというと、釣れません。
正直レンジが全くわかりませんでした。だって中層より上は雑魚共の猛攻にあうので選択肢が
その下しかないんですよ。その上ラインにもちょっかいかけてくるのでコツっ、あわせ。コツっ、反射であわせの
からぶりあわせ無限ループで精神的に大分やられる始末。
まわりも大分からぶってたんで、自分だけじゃないという事だけが安定剤でした。
IMG_20190818_223749
2時間後にやっと1杯。このあと何杯か追加したけど、船中釣れてる人で10杯くらい。
隣の常連ぽいおじちゃん達はサバ子を釣りだす展開でドラマなく終了でした。は~あ。
経験してわかったんですが
集魚灯に寄せられるのは当然魚だけじゃないです。
蜻蛉、蛾、特に蜻蛉は物凄い数寄ってきます。てかバンバン体に当たります。
空からは蜻蛉アタック。海からはトビウオアタックです。
30分くらいで船には死んだ蜻蛉が無数に散乱します。虫が苦手な人はある程度の覚悟が要ります。
それと一つだけドラマがありました。
釣れねーなと空を見上げたら超でっかいハンドスピナーみたいな飛行物体がくるくるまわりながら近くを無音で飛んでました。激渋の夜焚きの最中に
「あっ!UFOだ!」っていうフレーズがとても滑稽に思えて、彼方に飛んでいくそれを見つめるだけにしました。
帰りの真っ暗な船中で今日を振り返って一句

初夜焚き 心に残るは ユーエフオー

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ソルトルアーランキング








スポンサードリンク