DSCF0102
ジギング調査の予定だったけど中止に。キー
せっかくなので人生2度目の湾内ボートシーバスに調査がてら行ってきました。
今回はルールを設けてみます。
①沖だけじゃなく、西から東まで河口域でも投げてみて反応を見てみる
②冷音24g縛り
③インプレの為にグリッサンド77の気になる所の検証
湾内シーバスでは基本ベイトを追っかけて、ボトム取って鉄板早巻きです。
水深は5~15mのエリアを狙う。
30gくらいの鉄板バイブ、ブレード系、クルクルイワシ用のトップ、くらいあれば大体事足りると思います。
DSCF0072
今回頑張ってもらう冷音くん
鉄板バイブは普段あまり使いませんがこいつは巻きスピード次第でオン、オフが自動で出せる、
エビになりずらい、引き重りがあんまないので好きです。
早巻きというより、ブルブルするかしないかのスピード域の方が釣れる。
嫌いなのはネーミングのセンスだけ。
早速開始、ボトームとって巻き巻き、ガツ。きた!リーリングしてるとラインの動きから
シーバスが水面に一直線→エラ洗い→外れる
・・・・・オーケーオーケーまだ始まったばかりやし
バイト→フッキング→水面一直線→エラ洗い→外れる→船長の冷たい目×3セット
なんでやって!どげんしてもエラ洗うやんけ!
むかつくーシーバスのくせに。下から食い上がってくるけん強く巻きすぎると惰性でどうしても
水面を出てしまうな、こころらへんはおかっぱりと感覚が少し違うな。
まぁここは経験です、スイープ入れながらちょっとゆっくりやり取りしよう、
ラインテンションだけ緩めんように気をつけて。
ガツっ!よしよし巻きすぎずテンションかけながらスイープ・・ポロっ
しっかり食えよコノヤロー!
茶番はさておき、この日はボトムより中層から上に食い気のあるやつが多かった。
パターンさえつかんでしまえば・・・
DSCF0107
しゃーおらー。
DSCF0077
巻きスピードもゆっくり目が正解やねーDSCF0086
数はでるけど、サイズが出ませんなー。
DSCF0084
サイズダウンしとるがな。それに痩せとる。腹パンが一匹もおらん。
魚探の反応からもイワシが少ないと感じる
ここ何日かの雨でそうなのか、毎年こんなもんなのか、比較するもんがないので
わからないですが。この後河口エリアを何か所か打たせてもらうが、
ベイトおらん、シーバスおらん、
で、沖に戻ってみると、少ないなりにベイトの反応があってシーバスはおる。
最後帰りがけに沖堤防のとこも打ってみるけど反応なし。うーん、
予想してたけど、やっぱベイトありきなんですよね。所謂湾奥エリアは今魚相当少ないやろなー。
湾内でもおかっぱりでまだ期待値もてるとしたらもう端っこエリアなんやろなーと
今年は例年通り秋のシーズンがはじまるのか、、、
シーバスの数は多いのか、少ないのか、(内心今年は少ないと思ってます)
秋になってみたら、今回の調査と紐付けられるものがあるかもですね。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村


スポンサードリンク