DSCF0863

ある日、アルバイトのエギングマスターGくんが
尋ねてきた。
Gくん 「ヒイカはやらないんですか?今ちょうど
    入って来だしてポツポツ釣れてますよ」
俺「ヒイカ?あのこまいイカやろ?
  やった事ないけど、当たりとれんの?」
Gくん「エギングの感覚でいけますよ、
    今度一緒にどうですか?」
俺「えっ?お誘いですか?是非おなしゃす」
と、言ってはみたものの正直食指が
動かない自分がいました。
冬の時期がシーズン、あのこまこいサイズが
成体、この程度の認識ですが、福岡でヒイカが
釣れるというのは知っていました。
ただでさえ、ぬめーっとしたあたりのイカの
釣り。まだシーズン中でキロクラスのアオリや
パラソル級のケンサキが。というなら
モチベーションも保てるけど、ヒイカとなると
やれんのか?という自問自答が心の隅に
ついてまわる。
自分がやる日がくるなんて思ってなかったので、
Gくんに色々聞いてみる事に。
手持ちのボートエギングロッドでは
強すぎるらしいので家にある
昔買ったメバリングロッドを
出してきました。
DSCF0842

むー、これを使う日がまたくるとは。
ラインはエステルだの、鯵の糸だの、
極細のPEだの使うらしいです。
そっちの方がより感度がごにょごにょと
Gくんが力説してましたが、
ストロングスタイルの自分は
ルビアス2510にPE0.8でいきます。
エギも通常サイズでは大きすぎるらしく、
1.2号とか1.5号とからしいです。
これは流石に買わないかんね。
DSCF0838

こんなサイズのエギ、ヒイカ以外で
使う時あるんかいな。
仕事終わりにGくんと合流予定ですが、
その日も忙しくヘトヘトに。。
もう帰って寝たいよ、ママン・・・
こんな風に気持ちが弱い方へ傾きかけて
いる時にある釣りブロガー様の言葉を
よく思い出すんです。

体調を気にして釣行を躊躇うなら、
行った方が良い。
天候の悪化を気にして釣行を躊躇うなら、
やめた方が良い。

自身の何年も釣りを続けた末に辿り着いた境地
ともいえるその言葉は、当時迷走していた
自分の釣りに対する向き合い方に
大きな影響を与えた金言ともいうべきものです。
それに前回の離島遠征でもそうですが、
Gくんとの釣行は刺激になる事が多いと感じる。
若さゆえの発想力とそれを工夫して実行する
行動力は見習う点が多い。
今まで単独釣行ばかりだった自分には
狭くなった視野を広げる良い機会なんです。
何か段々と気持ち入ってきたー!
よし、行こう!
あっ、あれ忘れた。
DSCF0844

沖漬けのタレ(自家製)
忙しい仕事の合間に、仕事してる風でこれを
しれっと作ってました。
(実は行く気マンマン、釣る気マンマン)
だってヒイカとかあのサイズでしょ?
刺身にしてもちょろっとやし、
炒めても揚げてもあれやないですか。
沖漬け一択やと思うんですよ。
仕事終わりに釣って漬けて次の日の賄いで
食べる前提の感じで適当に作ってみました。
美味しかったらレシピにして公表しようかなと
思います。既製品買ったら高いですからね。
DSCF0849

ほんでポイントに到着。
Gくんはどこかな~、、あっおった!
Gくんとその友達は自分の想像を超えるやり方で
ヒイカを釣っていた。
本人達の考えたメソッドに敬意を表し詳細は
控えますが、笑いました。
少なくとも自分にはそういう発想はなかったし、
ヒイカの為にそこまでやれない。
若者恐るべしです。
自分はGくんから少しレクチャーを受け、
離れて探っていきます。
DSCF0846

探っては移動を繰り返すけど無反応が続く。
そうなってくるとある感覚がせり上がって
くるんです。一言でいえば
・・・物凄く不安・・。。
特に烏賊系の釣りは初めての一杯を
経験しないとあたりの感覚がわからないので
そもそもいないんじゃないか、あたってるのに
感じていないだけなんじゃないかと
不安な気持ちでいっぱいになってくるんです。
そんな時、違和感を感じ恐る恐る合わせてみる、
何かがのった!ゴミ?ヒイカ?
DSCF0852

うえーい、人生初ヒイカ。めっちゃ嬉しい
もうわかった。ヒイカのあたりはですね、
完結に説明するとですね、、



なんかモソモソします。


そのサイズからでしょうがアオリやケンサキの
ようにぐーっと引いたりラインテンションが
抜けたりする類のものではないですね。
砂地のボトムをノックしている時のような感覚。
より細いラインシステムだとより鮮明に感じると
思いますし、それでないととれない局面も
あるかも知れませんね。
ダイワ旧2500番台のリールに
PE0.8でもあたりは獲れる
という事はわかりました。
DSCF0848

たまたまその場所だけ溜まっていたのか
立て続けにヒット
DSCF0854

沖漬けハウスにようこそ!
ごあんないしまーす。
ウヒヒ、明日楽しみ。
そして今度はガツンというあたり。
これは魚やな。なんやろー?
DSCF0856

タチウオ!君もいるのか。
えーこいつがおるとヒイカ逃げるやろ。
DSCF0855

この後1杯だけ追加して終了
Gくん達も芳しくなかったようです。
渋いなりにとれてよかった。
そして翌日、
お待ちかねの
沖漬けやでー
DSCF0859

お味はどうかなー
DSCF0862

軟骨と目と口ははずして
DSCF0863

できた!!
DSCF0868

賄いで試食してみます。
パクっ。

やだ!めっちゃうまいやん。

うーん、また行きたい。
また食べたい。
誘ってくれたGくんに感謝ですね。
沖漬けのタレもレシピ化しよう。
お楽しみにー。


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ソルトルアーランキング






スポンサードリンク