DSCF0988
前日のジギングは時化の為中止に。
今日は人生2回目のティップランエギングです。
実はここ2,3年九州北部地域ではイカの不漁が
続いています。春のエギングで爆釣したよ、
夏の夜炊きでケンサキクーラーパンパンよ、
という釣り人目線からするとにわかに
信じがたいでしょうが、我々が趣味で
釣る量なんて市場の漁獲量からしたら
微々たるもんです。今活かしのケンサキイカや
アオリイカは超貴重。鮮魚としてですら
注文しても入荷なし、相場も当然それなりの
お値段です。我がの船を持つ呼子の烏賊屋
ですら自前の分を確保出来ないのが現状。
水産関係者も記憶に無いと嘆くここ何年かの
不漁に烏賊専門の漁師が廃業、もしくは
他の漁に鞍替えなんて話しも聞きます。
悲しい事です。
機会があれば改めて記事にしたいと
思います。
ー閑話休題ー
DSCF0965
とりあえず出船。まずは一安心
DSCF0995
沖堤防も毎年恒例の模様替え。
赤灯台はサンタさんになってます。
あっ!今日クリスマスイブやんけ!
さしづめあれはクリスマス釣りーてか。
DSCF0349
福岡におけるアオリ烏賊を狙う釣りについて
年間の動きでいうと
①春のエギング
産卵で浅瀬に来るアオリイカをボートや
陸っぱりで狙う。サイズも良型が多く数も
ぼちぼち釣れる
②秋のエギング
春の産卵で生まれた個体を狙う
サイズこそ小型だが数が出やすい
③冬のティップランエギング
冬の水温の低下と共に深場に落ちるやつを
狙う。サイズは大きめから小型まで様々
狙う水深が30~40mくらいなので
ティップラン専用の30gくらいの餌木に
シンカーと呼ばれる物を使う。
その時の状況で足したり引いたりと
そこが楽しくもあり難しくもある所。
DSCF0974
ポイントに到着、水深30m。
DSCF09811
まずは40gで様子見
デイにおける烏賊系の釣りはボトム一択
よって第一条件にまずはボトムをとれる重さ
のセレクトが何より大事。
DSCF0973
幸先良く1杯。
このあと潮が動きだして50gに変更
DSCF0969
がっつり。
DSCF0977
爆釣までいかないけどポツポツ釣れる
DSCF0966
今日は潮が動いたり緩んだり目まぐるしい
重さも40~50をいったりきたり。
DSCF0972
うぃ~、良いサイズや
DSCF0986
今日イチ。1キロちょい。
DSCF0978
気が付けば10杯。
サンタはボトムにおったようです。
DSCF0994
満足の帰港。ブイーン。
年内最後のオフショア楽しめました。
ありがとナス。。
今年は暖冬の影響で水温が高めらしく
ブリの入りはいまいちらしいですが、
反面こういう釣りがもう少し楽しめるかも
来年は青物も行かなイカんですな。
イカだけに。


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ソルトルアーランキング

スポンサードリンク