2020_0425_02432000
せっかくの大潮まわりなのに
連日の強風の影響か、グッドサイズはおろか
セイゴすら姿を消してない?

新月に
虚しく響く
着水音
みなもに見るは
輝く魚鱗

そんなどうでもよい一首を考えながら
上げ8部くらいでポイントに。
まずはマニックで表層を探ると
カツ、、??なんか掛かった
2020_0425_02423465
お前は輝いてないし鱗もないがな!
どこにでもおるなお前は!
海にポイじゃ!
・・1投目から取り乱しました。
気を取り直して2投目
コツン、今度はフグじゃない手応え。
2020_0425_02430218
マニック135を食べてくるクロメバル。
タケノコと違って潮通しの良い所には
こいつがおりますね。君は好きだから
優しくリリース。(大人気ない)
深いレンジも探ったが反応なし。
魚は浮いてる感じがする。
この時期に表層付近ならベイトはバチか
ハク、アミなどのマイクロ系が濃厚。
風で波立ってるので波紋での判断は
難しい。
取り敢えず一本シーバス抜けばわかる気が
するので粘る事に。
下げの流れが出だして程なく
2020_0425_02424089
なるほど、バイトの仕方が超繊細ですな。
ガツンではなく、ハムって感じ。
そして魚は表層を意識している。
巻きは早いとダメ、スロー。
一見バチかなと思いがちやけど、バチなら
捕食音が聞こえても良いと思う。
恐らくシーバスはステイしていて
流されてくるマイクロ系を優しく食ってる
感じやなと仮説を立てる。
2020_0425_02424771
2020_0425_02431419
ビンゴ!
バラシも入れながら
UC88Lの少し固いティップでどう上手く
掛けるかの答えも見えてきたでー。
2020_0425_02433364
2020_0425_02430806
流れがぶつかる4.50m先に薄く潮目が
できていてそのライン状に溜まっています。
アップ、クロス、ダウンと投げ分けて
みましたが、ダウンに若干反応が薄いのを
みるとやはり機会主義的に捕食してるん
でしょうね。
それにしてもセイゴしかおらんがな。
2020_0425_02433973
2020_0425_02435417
岩場を上ったり降りたり膝がガクガク、
もうちょっとサイズが出れば
いう事なかったんですけど、アフターは?
単発では入ってそうですが、沖の水温が
まだ低くて不安定が続いてるとするなら
ここ何年かで今年相当遅いやん。
2020_0425_02434580
カラーを変えてこの後何本か。
2時間程ポコポコとずーっと金太郎状態で
途中から面倒くさくてもう撮ってないです。
結局20バイト以上でショートバイト弾きを
いれても10以上はゲット。
つ抜け(セイゴやけど)
プチ爆釣ですよね?(セイゴやけど)

2020_0425_02440063
ヒットルアーはマニック135。
今回ほぼこれしか投げず。
エラを傷つけてしまったのを何本か
持ち帰りしたので胃袋の中を拝見。
2020_0425_17440490
小さいエビ、ハク、アミ。
マイクロパターンの仮説は正解。
これはこれで嬉しいけど、知りたいのは
アフターの動向なんですよね。
実は開幕してるけど、自分が釣りきらんだけ
説が一番濃厚かも。



スポンサードリンク