2020_0522_13144865
ドブ川1号と共に昼夜下見をし、
ある程度何かしらの変化とベイトが
リンクしてそうな何カ所かをピックアップ。
という工程が完了したので、
実釣で擦り合わせる事にしました。
本命はナイトゲームですが、昼も気になって
ちょっと行ってみる。
2020_0517_18430210
まずはバイブで水深を探る。
あー、やっぱ手前は浅くて5mくらい
先から流芯に向かってブレイクになってる。この潮位でこんくらいかー。ふむふむ。
あそこのヨレはどうかな、キャストー
2020_0522_13150432
安定のセイゴ。少し移動、
ブレイクを沿うようにキャストー
2020_0522_13142926
こいつこんなとこまで入ってくんの?
海にポイじゃ。
この後少しやって反応ないので、撤退。
夜に備える。
2020_0522_13151786
そして夜。恐らく時合いは下げで潮位が
下がりシャローに溜まっているハクが
移動するタイミングと下げの流れが
リンクする時だろうと予測。
ブレイク沿いと橋脚回りを釣り歩いて
いけば結果は出るやろうと強気。
昼夜何時間もかけて丁寧に下見するという
当たり前の事を当たり前にする
こんな私にアングラーの神が微笑まない
訳がないのだ。
2020_0522_13151317
流れが出るのをただ待つ。
これも立派な釣り。
2020_0522_13150835
30分・・
2020_0522_13143410
一時間・・・

流れ出らんのかい!

潮位下がってハク動いとるやんけ。
この前下見で見た時こっからスイッチ入って
捕食しよったやんけ。
くそー、あっ!釣り歩く予定ルートに
いつの間にかアングラーがおる。
なんだよー。アングラーの神は不在かよ!
手持ちの駒は緩い流れのある目の前の橋脚と緩いブレイクのみという悲劇。
大事に、大事にいこう。失敗は許されん。
橋脚を何投か攻めて休ませつつ、横に
移動しながらブレイク狙ってまた戻って橋脚
という作戦。ていうか選択肢がない。
ガルバ73をセットし、キャスト。
緩い流れに乗せて流し込む。
橋脚擦るくらいキワキワのとこでヒット。
2020_0522_13145866

あそこでこのサイズかー。ぐむむ。
休ませる間ブレイクを探る
2020_0522_13152416

サイズダウン・・あかん。これダメな時の
パターンやん。
ブレイクについてないんかー。
ベイトはおるし、この前は追いかけよった
のに。流れが弱いけんかなー。
でまた橋脚
2020_0522_13145375
このサイズなんねー。
この後干潮までやるけど沈黙。
もう少しきちんと流れが出てれば、
予定通りのルートをいけていれば、
言い出せばキリがないですが。
サイズはもう少し欲しかった。
上げならどうなのか?
増水パターンは?
チェックしてる他の候補地ならどうなのか?
またいつもと少し違う釣りに刺激を






スポンサードリンク