20200626_112009
新規のポイントに通う。
地形の変化、流れの変化がわかってきて
魚のつく場所がなんとなくわかってくる。
上手い人は一度ざらーっとやればある程度
その場所の特性を掴んで結果を
出すんでしょうね。素直にすげぇと思う。
勿論私はそんな域に達していないので、
愚直に通い、失敗を重ねながら
少しずつシーバスに近づいていく。
何度か来て結果を出せてないポイント
ですが、ホゲなりに仮説と検証を
繰り返しているところです。
天候は生憎の大雨&爆風ですが、自分は
あまり気にならないです。風速7.8mくらい
になると風向きによっては何してるか
わからなくなるので、そこは気にしますが、
あとは人が少なくなってラッキーくらい。
あ、でも雷だけはダメ。絶対行かないです。
20200627_025012
満潮からの下げ。
100m程沖に恐らく地形変化があり、
そこにシーバスがついていると思われる。
本命のポイントに潮位が下がってどこまで
近づけるのかと、手前のシャロー帯に
どれくらいの潮位まで魚がいるのかの調査。
予報と違い風向きがコロコロ変わる。
時に向かい風にもなるがこういう時
UC88は仕事するなと感心する。
雨の影響か若干の濁り、あまり沈ませると
根掛かるので、コモモ125を投げる。
アップで表層を流していく。巻かない。
コツ、コツ、と反応がある。
ダウンに入れる。反応なし。
2投でわかった事。
サイズは小さく、アップで流さないと
反応がない。そしてハムハムしてくる弱い 
バイト。下げの流れは若干出ていて
流されるような遊泳力のないベイトを意識
していると思われる。見えないけど
ハク、アミ、どっちにしろマイクロの予感。
トウゴロウは見えたけど無視して良い。
こいつらは意外と泳ぐ。
エリ10のクリアをアップで入れる。
2020_0625_03510428
ハムハムシーバス。
2020_0625_03511180
手前のシャロー帯はこのサイズ。
めんどくて以後写真とってません。
ただあってるのかバイトは深いので
ほぼとれる。
2020_0625_03514198
下げの流れを受けて違和感を感じる。
たしか何日か前に来た時は上流からの
水は冷たかった。海側が22度、上流域からの
水が19度。そして沖でシーバスの捕食が
見えた。この時期いつもこうなのかは
まだわからないけど、雨の降っている今日は
上流からの水も変わらず温く、捕食は
見えない。そんな事を考えていたら少し
強めのバイト。
潜られたらダメなのでゴリ巻き。
IMG_20200625_041502_318
55くらい?食い方良いのでやっぱあって
いるんでしょう。
2020_0625_03514662
奥にはアミがビッシリ。やっぱりか、
アミパターンなんかー。何か残念。
この後潮位が30㎝下がると反応がピタリと止まる。潮位が高い時限定で
このシャローにも魚がいる事は分かった。
他のとこに移動するのか、それとも口を
使わなくなっただけか、、後の検証項目。
そして頃合いを見計らって本命ポイントに
近づくべく、浸かり進もうとした時。
ゴロゴロ・・・ゴローン
ぐ~、無念の撤退。
けど、少しずつ近づいている実感がもてた
ので、これはこれで収穫。
結果が出る前に夏の避暑抜けしそうで
ちょっと怖い。。




スポンサードリンク